グレー台紙の拡大写真

台紙のweb販売・厚紙のweb販売・ボール紙を買うなら さぁくるぷらす です。

グレー台紙の説明です。

グレー台紙は、チップボールという種類の厚紙で、100%再生紙です。

芯材や、当て紙ど包装材料として利用されます。

カルトナージュの芯材としても使います。

グレー台紙一覧

現在、さぁくるぷらす で取り扱っているグレー台紙は5種類です。

 

  1. 7号・9号・14号が、レンゴー株式会社のニューダイヤ。
  2. 20号が、レンゴー株式会社のNPN2−F(ニューダイヤを貼り合わせて厚みを出したもの)。
  3. 11号が、アテナ製紙株式会社のAチップボールです。

並べた写真では、メーカー違いの11号は少しだけ色味が違って見えますが、表も裏も鼠色の硬い紙です。

 

グレー台紙の厚さ比較

グレー台紙の7号9号11号14号20号を並べて、定規をあてて拡大撮影しました。

定規のメモリは1mm刻みです。厚さが実感できると思います。

グレー台紙の表面拡大写真

グレー台紙を拡大すると、その特徴がよく分かります。

グレー台紙拡大1

グレー台紙の表面拡大1

グレー台紙の表面拡大2

グレー台紙の表面拡大2

 

グレー台紙の原料は、100%古紙です。

使用済みの紙を回収し、原料として再生しているので、繊維の色がまちまちです。

また、原料の紙に印刷されていた、色の粒子が、黒・赤・白・黄・青の色の粒として混ざり合っているのが見えます。

これらの色が混ざって、全体としてはグレー・鼠色の状態です。

原料の状態によって、色の粒の大きさや、全体の色味が変化します。

 

グレー台紙の断面拡大写真

グレー台紙を断面の写真です。

断面の拡大写真でも、原料の再生紙の、様々な繊維や、色の粒子が混ざった状態を見ることができます。

これらの色が混ざって、全体としてはグレー・鼠色の状態になっています。

油性マーカーと鉛筆で書き込む

グレー台紙に、油性マーカーと鉛筆で書き込んでみます。

油性マーカーは少し滲んだ状態ですが、くっきりと書き込むことができます。

鉛筆も表面が少しザラザラしているので、しっかり書くことができますが、地色がグレーなので濃い鉛筆でないとコントラストが弱いです。

 

油性マーカーの拡大→インクが染み込んでいる様子が分かります。

 

鉛筆の拡大→コントラストは弱いですが、鉛筆の粒子はしっかり紙に付着しています。